乾燥肌の方でも使える化粧品がある|潤いが漲る素肌は絶好調

高い浸透性と安全性

ウーマン

肌からも補給が必要

ビタミンCは肌の新陳代謝にとって非常に大切な役割を果たすビタミンです。ビタミンCが十分に摂れていないと肌の真皮層というところにあるコラーゲンの産生がうまくいかなくなります。そこで美容のためにビタミンCを積極的に摂取することが推奨されていますが、ビタミンCを食べ物から摂っても都合よく肌の真皮層だけに届くというわけではありません。ビタミンCをそのまま口から摂っても体のいたるところで必要な要素として使用されるため、ビタミンCの配合された化粧品も同時に使うようにすることが大切です。しかし、ビタミンCをただ配合しただけの化粧品では肌の代謝を本当にサポートすることは難しいのです。そこでおすすめなのがビタミンC誘導体配合の化粧品です。

普通のビタミンCの問題点

ビタミンC誘導体配合を化粧品に配合すると、単なるビタミンCを配合した場合と比べて何倍も高い浸透力を持たせることができます。そのため、特にシミや小じわなど肌の真皮層の機能が低下して起こるトラブルを抱えている場合には、通常のビタミンC入りの化粧品よりもビタミンC誘導体が使われている化粧品を用いる方がずっと効果的なのです。また、ビタミンCには直接肌に塗ると肌の乾燥を招きやすいというデメリットがあります。さらにビタミンCは酸化しやすい物質でもあり、肌に塗って長い時間が経過すると肌荒れの原因ともなり得ます。そのため、ビタミンCを誘導体化することによって安定性を持たせ、肌にとって安全性の高い成分となっているビタミンC誘導体を配合した化粧品を使うことが望ましいといえます。